トップ > カリキュラム > 時間割 > シラバス一覧 > GC12303 プログラミング実習 II

シラバス

GC12303

プログラミング実習 II Programming Laboratory II

標準履修年次: 1年専門基礎・必修 ・1 単位
秋学期BC  火曜日  5・6時限  7C202
担当教員:金森 由博

概要

C言語を題材に、プログラミングの考え方、基本的なプログラムの書き方を実習により習得する。さらに、より高度なプログラミング技法や、プログラム開発に必要な基本的知識を学ぶ。

学習・教育目標

  1. C言語の基礎となる要素(データ型、配列、制御構造、関数、文字列、構造体、ファイル、ポインタ)が分かる。
  2. 基本的なアルゴリズムをC言語により表現できる。
  3. C言語の基礎となる要素を用いたプログラミングができる。
  4. 規模の大きなプログラムの実装技術 (分割コンパイル、関数によるモジュール化など) の習得。

授業計画

講義内容
第 1 週 ポインタの基礎
第 2 週 配列とポインタ
第 3 週 文字列とポインタ
第 4 週 関数ポインタ
第 5 週 分割コンパイル
第 6 週 構造体とポインタ
第 7 週 動的メモリ
第 8 週 リスト構造
第 9 週 これまでの復習&応用プログラムの作成
第 10 週 応用プログラムの作成

教材・参考書等

教材は授業時に紹介する。
参考書「やさしいC」(高橋麻奈 著、ソフトバンク)

成績評価

課題達成状況と出席に基づいて評価する。

授業外の学習内容・方法

授業時間内に終わらない教材中の実習課題は授業外にしておくこと。

予備知識・前提条件

「プログラミングI」、「プログラミング実習I」を修得済みであること。 「プログラミングII」を同時に履修すること。

教員連絡先・オフィスアワー

教員一覧ページ を参照。

備考

講義と実習を有効に結び付けるため、原則として、「プログラミングII」と「プログラミング実習II」は一体で運営する。