トップ > カリキュラム > 時間割 > シラバス一覧 > GC13201 データ工学概論

シラバス

GC13201

データ工学概論 Introduction to Data Engineering

標準履修年次: 2年専門基礎・必修 ・2 単位
春学期AB  火曜日  1・2時限  7A106・7C202
担当教員: 森嶋 厚行

概要

計算機を用いて大量のデータを管理する技術の概要について学ぶ. 特に,リレーショナルデータベースシステムの基礎と,その応用プログラムの作成に関して,演習を主体とした授業を行う.

学習・教育目標

  1. 大量のデータを扱う際の問題について理解すること.
  2. RDBMSを用いたデータ管理についての基礎知識を身につけること.
  3. RDBMSを用いたアプリケーションの構築を行うための基礎的なスキルを習得すること.また,それらの過程で遭遇する諸問題に関して,必要な解決能力を身につけること.

授業計画

講義内容
第 1〜3 週
  • 大量のデータ管理に関する諸問題
  • データベースシステムの応用事例
  • データベース管理システムの概要
第 4 〜 6 週
  • データベーススキーマ設計の基礎
  • データベース問合せ言語の基礎
第 7〜10 週
  • データベースアプリケーションの構築
  • インデックスの利用による性能向上
  • さらにデータ工学を学ぶ人のために

教材・参考書等

  • 教科書: 北川博之著「データベースシステム」昭晃堂 (この本は3・4年次開講のデータベースシステムIでも利用)
  • 参考書は,増永良文著「リレーショナルデータベース入門」サイエンス社,など.

成績評価

小テスト,レポート,最終課題(データベースアプリケーション)作成,最終テスト

授業外の学習内容・方法

  • 毎週課される演習課題を行い,〆切までにレポートを提出すること.
  • 関連する基礎知識の復習を行い,授業に備えること.

予備知識・前提条件

  • 集合論の初歩を理解していること.
  • データベースアプリケーションの構築にあたり,手続き型プログラミングの知識が必要.

教員連絡先・オフィスアワー

教員一覧ページ を参照。