トップ > カリキュラム > 時間割 > シラバス一覧 > GC14301 コンテンツ応用論

シラバス

GC14301

コンテンツ応用論 Introduction to Content Application

標準履修年次: 1・2年専門基礎・必修 ・2 単位
秋学期AB  月曜日  5・6時限  ユニオンメディアホール
担当教員: 落合 陽一

概要

メディア・コンテンツ産業の潮流や社会的ニーズの理解を目指す。第一線で活躍するクリエータ,プロデューサ,エンジニア等を講師にお招きし最先端の創作活動や最新のビジネス動向を議論する。

学習・教育目標

コンテンツを作るとはどういうことか、コンテンツに関わる仕事とは何かについて、その第一線で活躍なさっているクリエータ、プロデューサー、エンジニア等をお招きしケーススタディを行う。
それらの知識を基に研究テーマ立案や将来の進路選択のための手がかりをつかむ。

「創造する」「表現する」ことの醍醐味と苦労を知る。
コンテンツ産業の産業動向を知る。
コンテンツ関連職種の業務内容を理解する。

授業計画

全10回の授業の中で各回にテーマを設定し、コンテンツに関わる講師を学外からお招きする。
第1回目の授業については、この授業への参加方法等のオリエンテーションを行う。
各回のテーマ等詳細は順次案内をする。

教材・参考書等

成績評価

各講義終了後のミニレポートと全講義終了後の全体レポートを基に総合評価する。

授業外の学習内容・方法

講師に関する情報を事前に書籍やインターネットにより学習することで、講義内容への理解が深まる。

予備知識・前提条件

関連科目: コンテンツ概論

教員連絡先・オフィスアワー

教員一覧ページ を参照。

備考

「CDP(学問と社会)」
人数制限あり。情報メディア創成学類生を優先する。