トップ > カリキュラム > 時間割 > シラバス一覧 > GC23101 信号とシステム

シラバス

GC23101

信号とシステム Signals and Systems

標準履修年次: 2年専門基礎・選択 ・2 単位
秋学期AB  水曜日  1・2時限  7A106
担当教員: 寺澤 洋子

概要

信号とシステムの概念について学び,信号処理の基本技術を習得する。
ディジタル信号システム,ディジタル信号処理について,基本概念,重要要素技術に関する理論と応用を学ぶ。

学習・教育目標

アナログ/ディジタル変換,ディジタル信号システムの概念を理解する。
ディジタル信号処理に関する基本要素技術の理論を理解し,具体的問題に応用できる。

授業計画

  • w1: ディジタル信号処理の概要,AD/DA変換
  • w2: 雑音の除去と信号の検出(加算平均,移動平均,メディアンフィルタ)
  • w3: 微分と積分のディジタル処理
  • w4: 基本統計量の計算
  • w5: 信号の相関解析
  • w6: 離散フーリエ変換による周波数解析
  • w7: 線形システムとブロック図
  • w8: z変換
  • w9: 差分方程式と周波数応答
  • w10:ディジタルフィルタと窓関数
学生の理解度に合わせ,授業内容を変更することがあります。ご了承ください。

教材・参考書等

教科書
  • ディジタル信号処理(岩田彰 編著,オーム社,2013年)
参考書
  • Matlab対応ディジタル信号処理(樋口龍雄,川又政征著,森北出版株式会社)
  • やさしい信号処理 原理から応用まで(三谷政昭著,講談社)
  • “DSP First” (McCellan, Schafer, Yoder,Prentice Hall)
  • フーリエの冒険(トランスナショナルカレッジオブレックス,ヒッポファミリークラブ)

講義資料は教科書を購入している前提で作成し,manabaにて配布します。
参考書は,各自の理解度に合わせて,参照してください。

成績評価

期末筆記試験を主とし,レポート,講義出席など考慮し総合的に評価する。

授業外の学習内容・方法

演習問題あるいはレポート課題を4〜5回予定。

予備知識・前提条件

特になし

講義のホームページ

manabaを使用する。