トップ > カリキュラム > 時間割 > シラバス一覧 > GC50501 通信ネットワーク

シラバス

GC50501

通信ネットワーク Network Communications

標準履修年次: 3・4年専門・選択 ・2 単位
秋学期AB  月曜日  5・6時限  7A103
担当教員: 木村 成伴・津川 翔

概要

コンピュータネットワークを構築するための基礎となるネットワークアーキテクチャについて概説し,これを実現するためのデータ通信方式,データ伝送制御方式,データ伝送制御手順などについて述べる.そして,これらの技術を使用して構築されているLANについて説明する.

学習・教育目標

  1. ネットワークアーキテクチャについて理解する (第1〜2週)
  2. 通信における伝送と交換の仕組みを理解する (第3〜6週)
  3. LANやWAN,インターネットでの通信の仕組みを理解する (第7〜10週)

授業計画

講義内容
第 1 週 通信ネットワークの概要
情報通信の概要,伝送媒体とネットワーク構成
第 2 週 ネットワークアーキテクチャ
階層化モデル,OSI基本参照モデル
第 3 週 変調と多重化
信号の表現,変復調方式
第 4 週 データ伝送と同期方式
ベースバンド方式,帯域伝送方式,同期方式
第 5 週 データ伝送制御方式
制御割当方式とランダム割当方式,再送制御
第 6 週 データ伝送制御手順
HDLC (High-level Data Link Control) 手順
第 7 週 Ethernet
CSMA/CD,MACフレーム
第 8 週 無線LAN
動作モード,BSS,CDMA/CA
第 9 週 携帯電話ネットワーク
セルラネットワーク,ローミング
第 10 週 リアルタイム通信
VoIP (Voice over IP),QoS (Quality of Service)

教材・参考書等

福永邦雄他: コンピュータ通信とネットワーク 第5版,共立出版
Andrew S. Tanenbaum: コンピュータネットワーク 第5版, 日経BP社

成績評価

講義の出席状況と期末試験の成績を総合して評価する.

授業外の学習内容・方法

授業計画の項に記載した講義内容を,参考書などを参照して,予習・復習する.

予備知識・前提条件

「情報通信概論」を履修していることが望ましい.

講義のホームページ

https://manaba.tsukuba.ac.jp/ (manabaのコース「通信ネットワーク」)

教員連絡先・オフィスアワー

教員一覧ページ を参照。