トップ > カリキュラム > 時間割 > シラバス一覧 > GC51901 マークアップ言語

シラバス

GC51901

マークアップ言語 Markup Language

標準履修年次: 3・4年専門・選択 ・2 単位
春学期AB  月曜日  1・2時限  7A106・7C202
担当教員: 永森 光晴

概要

データ交換のための表現形式として様々な分野で活用されているXML(Extensible Markup Language)の基礎と,XSLT(XML Stylesheet Language Transformations)を使ったXML文書の処理について取り上げる。理解を深めるために受講者が自ら実験できるようなプログラム例やアプリケーションソフトウェアの利用例も必要に応じて紹介する。

学習・教育目標

  1. XMLの基礎を理解する。
  2. XSLTスタイルシートを使ったXML文書の処理を習得する。

授業計画

講義内容
第 1 週 構造を持つデータの交換
第 2 週 XMLによるデータ表現の基礎
第 3 週 XML文書の構造定義
第 4 週 名前空間
第 5 週 XSLTを用いたXML文書の操作(1)
第 6 週 XSLTを用いたXML文書の操作(2)
第 7 週 XSLTを用いたXML文書の操作(3)
第 8 週 XSLTを用いたXML文書の操作(4)
第 9 週 RSSやAtomの利用
第 10 週 XMLの応用事例

教材・参考書等

講義資料は随時配布する。また,参考書や関連文献などは講義の中で紹介する。

成績評価

毎週の課題および期末レポート提出による。

授業外の学習内容・方法

きちんと授業内容を復習しておくこと。

予備知識・前提条件

特になし

教員連絡先・オフィスアワー

教員一覧ページ を参照。