トップ > 教員紹介 > アドバンスト・コンピューティング・エンジン-最適化アルゴリズムの各種応用-

アドバンスト・コンピューティング・エンジン
-最適化アルゴリズムの各種応用-

研究分野の説明

デジタルコンテンツ処理やネットワーク上の各種サービスの実現には、コンピュータによる高度な計算処理が欠かせません。この計算処理を、より速く、より効果的に実行するためには、最適なアルゴリズムを用いることが重要です。計算処理技術と最適化アルゴリズムのパッケージは、適用対象に応じて、言語処理/検索エンジン、画像/音響エンジン、最適化/制御エンジンなどと呼ばれ、これら各種エンジンのための理論や技術を研究しています。

関連する教育内容

1、2 年次の基礎科目では、計算処理技術に欠かせない「線形代数」「解析」といった数学的基礎と、「データ構造とアルゴリズム」でアルゴリズムのコンピュータ実装技術を体系的に学びます。3、4 年次の専門科目では、「システム数理」により各種の最適化/制御エンジンの基礎理論、「知識・自然言語処理」によりWeb サービスにおける言語処理/検索エンジン技術、「情報数学IV」により、コンピュータアミューズメントのための画像/音響エンジンの基礎と応用を学びます。

ハイブリッドシステムに対する最適化/制御エンジンの模式図
ハイブリッドシステムに対する最適化/制御エンジンの模式図 連続時間で動作する対象を離散時間のコンピュータで扱うシステムをハイブリッドシステムと呼ぶ。

機械翻訳ルールの自動獲得
機械翻訳ルールの自動獲得 英語と日本語の対訳文データから自動的に翻訳ルールを獲得したところ。大量の対訳データがあれば、任意の言語間(例えば、日本語とアラビア語)の翻訳ルールを自動獲得し、翻訳システムを構築できる。

CGM(Consumer Generated Media)を利用した評判分析の結果例
CGM(Consumer Generated Media)を利用した評判分析の結果例 さまざまなユーザによって生成された広大なWeb空間上のデータから、携帯電話に関する好意的な意見のみを抽出し、抜粋表示している様子。

電気自動車用モータの制御手法開発用実験装置
電気自動車用モータの制御手法開発用実験装置スロットルの代わりにマイコンとコントローラに制御プログラムを実装してモータの回転を制御し、電気自動車におけるスリップ抑制等による安定性を実現する。

画像圧縮エンジンの応用例
画像圧縮エンジンの応用例右はデジカメやWEBで用いられる圧縮フォーマット“JPEG”、左はゲームソフト・パチンコ機等で実用化されている筑波大学発の圧縮エンジン“RAPIC”で同じファイルサイズに圧縮・伸張した画像データを比較している。(©Axell、© 徳永隆治 )

本分野の教員一覧

コントロールデザインエンジン
―システムを自由に操る技術と理論―

最適化エンジンのためのアルゴリズム設計

コンピュータアミューズメントのための画像・音響エンジン開発

人言語エンジン-日本語が理解できるコンピュータ-

Webコンテンツに関する自然言語処理